花粉症

花粉症のメカニズム

花粉症は植物の花粉で起きます。

では、体内に入った花粉がどのような働きでくしゃみ、鼻水のような症状を引き起こすのか、アレルギー反応が出るメカニズムについて述べてみましょう。

花粉が体に入ると、免疫機構が働いてアレルギーの元となるアレルゲンを追い出す為に生体反応が起こります。

ここで関連深いものが、リンパ球のB細胞というものです。B細胞が花粉に反応して抗体が作られ、アレルゲンに反応します。

その反応が起こるのが肥満細胞(マスト細胞)であり、反応で刺激された肥満細胞は化学伝達物質を出して鼻や目などに作用し、くしゃみ・鼻水や涙といった生体反応を起こします。

花粉症の原因であるIgE抗体ですが、この抗体は誰でも持っていて、花粉症の場合だとそうではない方の数十倍から数百倍も数値が違うとされます。

花粉症かどうか分からない方は、IgE抗体を病院などで調べてもらうと確認できます。

後天的に罹るとされ、一度花粉に触れて体内で抗体が作られて、その後で再び花粉に触れるとアレルギー反応がおこりますから、生まれながらの花粉症というものはないとされます。ですが、花粉症の患者は低年齢化しているようです。

花粉症と遺伝

花粉症は遺伝するのでしょうか。

家族に何人も花粉症に罹っている場合は、花粉でアレルギーを引き起こす、遺伝する性質があるのではないかと考えるのは自然なことです。

アレルギーを起こしやすい体質は遺伝するレーシック 名古屋とされます。

花粉症の症状が現れなくとも、遺伝的体質は伝わっていて、何らかのきっかけで発症することもあります。

しかし、花粉症になるには、個人の体質と環境的要素が複雑に絡むことが発症を左右するとされ、アレルギー体質だと花粉症に100%罹るとは限りません。

両親共にスギ花粉などのアレルギーがあるなら、その子供は高い確率でスギ花粉症になるとされますが、食生活や育った環境、生活習慣などによって症状が見られないこともあるでしょう。

また、家族にアレルギーがなくとも罹るケースはあります。

つまり、花粉症は遺伝にも影響を受けますが、誰にでも起こり得る症状であり、アレルギー体質であるなら花粉症になりやすい傾向があることを理解し、予防することが先決です。

夏にむけてでツルツル肌を目指そう。

治療法について

花粉症治療を行う方はたくさんいます。

治療法にはどのような種類があって、手順はどう進んでいくのか調べてみましょう。花粉症治療で一般的なのが、薬物治療です。

これは治療法というよりも、対処法と言うのが適切な表現で、坑アレルギー薬や坑ヒスタミン薬、あるいはステロイド(副腎皮質ホルモン薬)を使って花粉症の症状が出るのを防ぎます。

薬物療法は対症療法であり、既に出てしまった症状を鎮めるのに効果的です。

花粉症の症状でも鼻詰まりが酷い時には鼻の骨を削る事や、腫れやすい粘膜をレーザーで切るといった外科手術を医師から勧められる患者もいます。

手術は数時間で終わるものから、数日間の入院を要するものまで、個人の症状によって治療期間は違います。

鼻の通りが良くなり、花粉症を軽減するには役立ちますが、花粉症を起こす体質までは変わりませんから、効果を上げるには他の治療法と平行して受けておくと良いようです。

シーズンの半年前から始めて、治療期間は数ヶ月〜数年かかるとされますが、花粉症完治に近い状態に出来るとして行う方が多く、効果も高いとされます。

最近しわが増えてきたからをかえようと思っています。おすすめはミネラルファンデらしいけど まだ、使ったことがないのでどうなんだろう。

化粧品サイトの紹介

米肌
毛穴の化粧水
花王 ソフィーナボーテ

Copyright 花粉症のメカニズム 2012